• home
  • ニュース詳細

天気予報

交通取締り情報

ニュース
2019年09月10日(火)の記事

小学生10人が熱中症疑いで搬送

県内は10日も、東近江で35度を超える猛暑日となるなど、9日に続き厳しい暑さに見舞われました。草津市では、稲刈りを体験していた小学生10人が熱中症の疑いで救急搬送されています。県内では10日も午前中から気温が上がり、東近江市で36.0度、大津市で34.4度と平年と比べてもかなり気温の高い厳しい残暑となりました。この暑さによる影響もありました。消防によりますと午前10時ごろ、草津市立笠縫東小学校の教員から「子どもたちが熱中症の疑いがある」と通報がありました。当時は、5年生の子どもたちが市内の田んぼで稲刈りの体験をしていて、10人が頭痛や嘔吐などの症状を訴え病院に搬送されましたがいずれも、命に別状はないということです。今回の事態を受けて草津市教育委員会は、「ほかの小・中学校でも同様の体験活動や運動会の練習などがあることから熱中症に関する注意喚起を実施する」としています。

<< 最新ニュース一覧

<< トップページに戻る

BBC NEWS 写真求む!

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!