• home
  • 最新ニュース

天気予報

交通取締り情報

ニュース
現在時刻:2018年09月23日()11時29分

空き家活用を「不動産フェア」

2018年09月22日()│カテゴリ : 社会

空き家の活用方法などについて学ぶ催しが22日、彦根市の商業施設で行われました。この催しは、滋賀県宅地建物取引業協会が主催して、毎年、開催しているものです。今回のテーマは、「空き家の活用」です。県内の空き家率は、全国平均と比べて低くはなっているものの増加傾向にあります。この空き家の活用法について俳優の河相我聞さんが招かれ、トークショーも行われました。河相さんは、生まれた家でもある埼玉県川口市の地区50年の一軒家をリフォームし、貸し出しているという経験を持ちます。河相さんは、自身の経験から「リフォームは、お金のかけ方によって効率良く理想の空間をつくることができる」と話し、空き家活用の一例を来場者に示しました。このほかにも会場には、弁護士や税理士などによる不動産に関する相談コーナーも設けられ、利用者が熱心に説明に聞き入っていました。

高校生が軽音でにぎわいを―

2018年09月22日()│カテゴリ : 地域

高校生が、軽音楽で街中を盛り上げようという野外ライブが22日、大津市のびわ湖岸で行われました。野外ライブは、滋賀県高校軽音楽部会などが主催して、毎年、春と秋の2回開催されています。軽音楽の力で市街地のにぎわいをつくることを目的に、今回は、県内から9校、県外からも3校と、合わせて12校の高校・軽音楽部の部員らが参加しました。高校生たちの熱い歌声、演奏に会場の熱気も最高潮です。主催者は、「今回で14回目を迎えライブも形となってきた。今後は、絵画などの美術も加えて、総合的な芸術イベントとしてさらに、発展させたい。」と意気込みを話しています。

滋賀銀行がレイクスファンドに寄付

2018年09月21日(金)│カテゴリ : スポーツ

プロバスケットボールの滋賀レイクスターズが運営する、県内のスポーツ選手支援のための財団、「レイクス・スポーツファンド」に今年も滋賀銀行から寄付金が贈呈されました。贈呈式では、滋賀銀行の西藤崇浩常務からレイクス・スポーツファンドに179万円の寄付金が贈られました。寄付金の贈呈は、今年で4回目です。贈られた寄付金は今後、レイクス・スポーツファンドに所属する選手らの支援をはじめ、オリンピックや国体へ向けた県内のスポーツ活動盛り上げのために広く活用されるということです。

高島市職員が酒酔い運転で免職

2018年09月21日(金)│カテゴリ : 事件・事故

高島市は21日、酒酔い運転をして事故を起こした市役所の男性職員を懲戒免職処分としたことを発表しました。懲戒免職処分となったのは、高島市地域振興局の50歳の男性主監です。市によりますと職員は今年5月19日の午前6時半ごろ、前の日の夜から早朝にかけて自宅で酒を大量に飲んだ後、自分の車を運転し、約15キロ離れた場所の農業用水路でタイヤを脱輪させる自損事故を起こしました。職員は事故を警察に申告せず車を放置したまま帰宅したということです。目撃者から通報を受けた警察が男性の家で呼気検査をしたところ酒酔い運転が発覚し、20日付で運転免許取り消しの行政処分をうけました。職員はその後の検査でアルコール依存症と診断されたということです。高島市の福井正明市長は、「職員が飲酒運転を犯したことは誠に遺憾。公務員としての自覚を促し市民の信頼の回復に努めたい」とコメントしています。

秋の全国交通安全運動スタート

2018年09月21日(金)│カテゴリ : 地域

秋の全国交通安全運動が始まりました。期間中、県内では合わせて144の式典や啓発活動などが実施されます。今年に入って県内で発生した交通事故は8月末現在で件数、死傷者ともに去年より大幅に減少しています。県警では、事故多発区間を中心とした取り締まりや見回りの強化が背景にあるとしていますが、この期間の活動でさらに事故を防いでいきたいとしています。彦根市では、警察官に交通安全協会のメンバーも加わり、駅の利用者に交通安全を呼びかけました。今回の交通安全運動期間中、滋賀県としては「横断歩道利用者の安全確保」を独自の重点目標に設定していて、歩行者に対しては横断歩道を渡ること、ドライバーに対しては横断歩道の手前で一旦停止することなどを呼び掛けていました。秋の全国交通安全運動は今月30日までです。

自民党総裁選 安倍首相が3選

2018年09月20日(木)│カテゴリ : 政治

自民党の総裁選挙は20日、党員・党友票と国会議員票の開票が行なわれ、安倍晋三総理大臣が石破茂元幹事長を破り、3選を決めました。滋賀県連でも午前10時半、大津市内のホテルを会場に、滋賀県の党員・党友票の開票作業が始まりました。滋賀県の有権者数は、1万577人。投票者数は7056人で、投票率は前回6年前に比べて3.1ポイント低い66.7%パーセントでした。開票の結果、滋賀県では、安倍晋三氏4056票、石破茂氏2991票となりました。なお、滋賀県選出の国会議員は、びわ湖放送の取材に対し、衆参6人全員が、安倍総理に投票したと答えています。

米原市の元部長に有罪判決

2018年09月20日(木)│カテゴリ : 事件・事故

米原市の公共工事をめぐる不正入札事件で、業者から40万円分の賄賂を受け取った罪などに問われている元・市民部長の男に対し、大津地裁は執行猶予の付いた判決を言い渡しました。起訴状などによりますと、被告の男は2013年から16年に行われた3件の公共工事入札に関し、彦根市にある電気設備業者の元・社長から依頼を受けて不正に情報を伝え、このうち2件の見返りに合わせて40万円分の金品を受け取った罪などに問われています。判決公判で、大津地裁の伊藤寛樹裁判長は、「業者と癒着し常習的に行われた事案で、公の信頼を大きく損ねた」と指摘しました。一方で、賄賂が高額ではなかったことや被告が罪を認め、反省の態度を示していることなどから、求刑の懲役3年に、執行猶予5年が付いた判決を言い渡しました。また、元・社長に対しては懲役2年、執行猶予5年の判決を言い渡しています。

21日から全国交通安全運動

2018年09月20日(木)│カテゴリ : 社会

秋の全国交通安全運動が21日から始まります。これにあわせて県内の警察署では交通安全の呼びかけがスタートしています。守山警察署では、20日、一足早い、出動式が行われました。式では、市内に工場がある旭化成グループのキャンペーンモデル北向珠夕さんが一日署長を務め、警察官や地域の交通安全協会の会員らおよそ200人に交通安全への協力を呼びかけました。一方、長浜市の木之本町でも出動式が行われました。こちらでは、「にしあざい認定こども園」の園児らが、ジュニアポリスとなり、高齢者にメッセージを送ります。秋の全国交通安全運動は、「子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止」などを重点目標に、横断歩道での危険運転の取り締まりを強化するなどして、21日から始まり、30日まで続きます。
                 

福井国体の決断壮行式

2018年09月20日(木)│カテゴリ : スポーツ

今月29日に開幕する第73回国民体育大会「福井国体」に滋賀を背負って出場する選手たちの結団壮行式が行われました。今月29日に開幕する「福井しあわせ元気国体」には、滋賀県から特別競技の高校野球を含む32競技に377人の選手・監督が出場します。去年のえひめ国体では、滋賀県全体として成績が振るわず、総合順位の天皇杯も目標を大きく下回る39位に留まりました。2024年の地元開催を控え、今年は総合順位20位台を目指し、滋賀県が一丸となって戦います。また、今年は、国体に続いて来月13日に開幕する全国障害者スポーツ大会に出場する滋賀県代表の選手たちも、初めて合同で壮行式に臨みました。こちらは7競技に62人の選手・監督が出場します。

<< トップページに戻る

BBC NEWS 写真求む!

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!