• home
  • 最新ニュース

天気予報

交通取締り情報

ニュース
現在時刻:2017年04月24日(月)22時14分

10万本が競演 チューリップ見頃

2017年04月24日(月)│カテゴリ : 地域

日野町にある農業公園「ブルーメの丘」では、6000平方メートルの花畑に、約10万本のチューリップが植えられ、今、見頃を迎えています。可愛らしいピンクの「キャンディプリンス」やカッコいい濃い紫の「クイーンオブナイト」など19種類の競演です。ブルーメの丘によりますと、今年は例年より1週間から10日程度、遅い開花になったということで、この日は青空の下、来園者たちが、ようやく訪れた春を満喫していました。ブルーメの丘のチューリップは、5月初旬頃までが、見頃だということです。

滋賀で輝く働き方フォーラム

2017年04月24日(月)│カテゴリ : 地域

地元での就職率をアップさせるためにはどうすれば良いか。大津市では、大学が主催するフォーラムが開かれました。このフォーラムは、滋賀県立大学が開いたもので、県内企業の採用担当者ら約100人が参加しました。県立大学など県内6つの大学は、文科省事業の採択を受け、県や県内の産業界と連携して、地元での就職率を向上させ、雇用を生み出すことにより、地方創生を進める取り組みを行っています。県立大学によりますと、この6大学平均の地元就職率は、2015年度29.8%で、5年以内に10ポイント上げることを目標にしています。フォーラムでは、京都に本社を置くHONKIの久保田暁常務が「採用で勝つコツ」をテーマに基調講演を行い、参加者らが、いかにミスマッチのない採用活動をし、地元で活躍してくれる人材を確保できるかを考えていました。

びわ湖のアユ 不漁続く

2017年04月24日(月)│カテゴリ : 地域

びわ湖全域でアユの不漁が続いています。原因の調査を行っている県は4月以降の漁獲量回復を予想していましたが未だ程遠い状況が続いています。24日午前3時半、県内最大規模の漁協がある大津市堅田漁港をアユ漁の船が出航。琵琶湖大橋をくぐって真野沖のエリで漁が行われました。網に入っていたのは、びわ湖で記録的な不漁が続くアユの稚魚「氷魚」です。この日、このエリでは今年初めて約30キロの氷魚を獲ることが出来ました。県ではこれまで、アユの不漁に関する対策会議を2回開き、4月以降の回復予想を発表してきました。しかし、期待されたこの日の漁獲量も平年の1割程度。更にほとんどの漁協ではいまだ全く獲れていないなど、びわ湖全体の状況は変わっていないと言います。アユの漁獲量回復はいつになるのか?県では今月27日に改めて緊急対策会議を開き対応を協議するとしています。

再選の大久保市長に当選証書

2017年04月24日(月)│カテゴリ : 政治

任期満了に伴う彦根市長選挙で再選を果たした大久保貴市長に、市役所で市の選挙管理委員会から当選証書が渡されました。23日に投開票が行われた彦根市長選挙では、市政の継続を訴えた無所属・現職の大久保市長が新人2人を破って2度目の当選を決めました。しかし、投票率が前回を下回る30%台にとどまったうえ、ほか2候補が獲得した票の合計が大久保市長を上回っていたことから、一夜明けて当選証書を受け取った大久保市長に笑顔はありませんでした。大久保市長の2期目の任期は来月10日から4年間です。

彦根市長に現職・大久保氏が再選

2017年04月23日()│カテゴリ : 政治

任期満了に伴う彦根市長選挙は、24日投開票が行われ、2期目を目指した現職の大久保貴氏が、新人の2人を破り再選を果たしました。投票の結果は次の通りです。大久保貴氏…1万5311票、前川恒廣氏…1万846票、田原達雄氏…8630票。なお投票率は、39.16%で、過去60年間では、最も低い数字となりました。

堅田漁港で「湖族の朝市」

2017年04月23日()│カテゴリ : 地域

大津市の堅田漁港で湖魚を直売する「湖族の朝市」が開かれ、記録的な不漁で品薄が続くコアユなどを求める人で賑わいました。会場には、朝市のオープン直後から多くの人たちが訪れ、ホンモロコやシジミ、ニゴロブナなどのびわ湖の幸を競って求めていました。特に23日は、年末から記録的な不漁続きで、堅田漁協としては今年初めてまとまった量の約40キロが水揚げされたコアユに人気が集中しました。コアユの販売コーナーには200人ほどが長蛇の列を作り、パック詰めのコアユが飛ぶように売れていました。主催した堅田漁協では、「こうした催しを通して日頃からびわ湖の恵みを好きになってもらいたい」と話ています。

甲賀市役所 新庁舎が完成

2017年04月23日()│カテゴリ : 地域

建物の老朽化などを理由に、工事が進められていた甲賀市役所の新しい庁舎が完成し、23日、関係者や市民に公開されました。23日は、開庁式が行われ、出席した関係者らが、新庁舎の完成を祝いました。甲賀市では、これまで本庁舎として使用してきた水口庁舎の老朽化を理由に、耐震機能を備えた6階建ての新庁舎の建設を進めていました。正面入り口には、甲賀流忍者の墨絵が描かれているほか、手裏剣をモチーフにしたカーペットや照明など、庁舎内には、甲賀らしさが随所にちりばめられています。新庁舎での業務開始は、来月8日からになります。

草津川跡地公園でイベント

2017年04月22日()│カテゴリ : 地域

川床が民家の屋根よりも高い「天井川」として知られた旧・草津川の跡地を改修した草津川跡地公園で、オープニングイベントがあり、多くの人で賑わいました。草津川跡地公園は、2002年に新しい水路ができてから空き地となっていた草津川の跡地を活用しようと、草津市が整備を進めてきた公園です。会場には段ボールの迷路や木でできたジャングルジムなどが登場し、川が生まれ変わった公園は多くの家族連れなどで賑わっていました。

<< トップページに戻る

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!