• home
  • 最新ニュース

天気予報

交通取締り情報

ニュース
現在時刻:2018年11月20日(火)06時52分

ブルーメの丘に新しい仲間誕生

2018年11月19日(月)│カテゴリ : 地域

農業公園「ブルーメの丘」に新しい仲間が誕生です。10月28日に誕生したアルパカの赤ちゃんは、母親の「メルシー」ゆずりの茶色の毛並みに長いまつげと大きな瞳。予定より3週間ほど早く生まれましたが今は体重約6キロになり、すくすく育っているようです。まだ生まれてから数回しか外にでたことがなく見るもの全てが新鮮。元気いっぱい走り回ります。今年7月に生まれた仲間の「スフレ」もこんなに大きく育ち、2頭仲良くじゃれあう場面も。アルパカの赤ちゃんは、現在、一般公開に向けてのお外デビュー練習中。11月23日から一般公開の予定で、同時に名前の募集も始まります。

宝牧場が農林水産大臣賞

2018年11月19日(月)│カテゴリ : 地域

農業経営の改善や地域農業の振興などに優れた功績を挙げた業者を表彰する「全国優良経営体表彰」の農林水産大臣賞に高島市の宝牧場が選ばれました。最優秀となる農林水産大臣賞は、県内で初めてです。19日は、宝牧場の田原哲也社長が、県庁を訪れ、今年度の「全国優良経営体表彰」の6次産業化部門で県内初となる農林水産大臣賞を受賞したことを報告しました。高島市朽木にある宝牧場は、牛の肥育や養豚から牛乳を使ったパンやソフトクリームなどの製造・販売、焼き肉レストランをグループ会社と一体経営するなどした6次産業を行っていて、肉用牛・酪農・養豚それぞれの生産を的確に関連付けた経営を展開している点などが評価されました。報告をうけ三日月知事は「農業は厳しい業界ではあるが、今回の受賞を糧にさらに励んでほしい」と受賞を祝いました。

全日本ノービス&ジュニアカップ

2018年11月18日()│カテゴリ : スポーツ

大津市の県立アイスアリーナでは17日から、スピードスケート・ショートトラックの大会が開催され、氷の上の熱い戦いに会場が盛り上がりました。全国の小学3年生から大学生までの選手約200人が参加したこの大会。県内からは各種目合わせて12人が出場しました。日本スケート連盟が主催して毎年全国各地で開催されていますが、県内では今回が初の開催です。選手らは年齢により4つのブロックに分けられ競技ごとに18日の1回目と来年3月の2回目の、2度の大会成績による総合順位を競います。18日は500メートルと1500メートルが行われ選手らが熱戦を繰り広げました。各選手の総合順位が決まる2回目の大会は来年3月に長野県で開催されます。

「馬の聖地」で結婚式

2018年11月18日()│カテゴリ : 地域

馬の聖地として知られる近江八幡市加茂町の賀茂神社で、新郎新婦が馬に乗って登場する結婚式が挙げられました。新郎新婦はそれぞれ、「房三懸(ふささんがい)」と呼ばれる華やかな馬具を身に付けた日本在来種の馬に乗って登場し、沿道からの祝福を受けました。賀茂神社では、これまでも西洋馬による挙式はあったということですが、今年5月、近くに日本産馬専門の御猟野乃杜(みかりののもり)牧場がオープンしたことなどから、今回初めて日本産馬が栄えある役目を任されました。日本産馬は優しい性格に加えて安定した歩行が得意で、馬を提供した牧場関係者は「日本産馬にあやかって足元のしっかりした家庭を作ってほしい」と笑顔で語っていました。結婚式を企画した草津市のプランニング会社「嫁人」では、今後もこうした挙式を企画していきたいとしています。

陸自砲弾落下事故周辺地区に説明会

2018年11月17日()│カテゴリ : 事件・事故

14日、高島市にある陸上自衛隊・饗庭野演習場から発射された砲弾が、国道近くに落下し、民間の車に被害が出た問題で、17日に演習場周辺地域の区長を対象とした説明会が開かれました。このうち、朽木地域での説明会には、7つの地区の区長らが出席しました。この日の説明会は陸上自衛隊と高島市が開いたものですが、会議には、地元選出で衆議院の安全保障委員会の理事も務める大岡敏孝議員も出席し、謝罪しました。参加した区長からは、「近くを国道が通っているなど隊員が演習場の立地状況を、ちゃんとわかって訓練しているのか」といった質問が出されました。今津駐屯地の水谷清隆司令は「各部隊とも承知したうえで射撃している。そのうえで今回こうしたことが起こったのは事実なので、原因究明を急ぎたい」と話しました。

高校サッカー 草津東が優勝

2018年11月17日()│カテゴリ : スポーツ

全国高校サッカー選手権滋賀県大会の決勝が行われ、草津東が綾羽を破り2年連続の優勝を果たしました。決勝は17日、東近江市の布引グリーンスタジアムで行われ、草津東と綾羽が対戦しました。前半26分、今大会無失点の草津東が綾羽に先制点を奪われます。そのまま0対1で折り返し後半。試合の主導権は引き続き綾羽でしたが、後半終了間際に草津東が同点のゴール。延長戦へと持ち込んだ草津東は、延長前半早々にゴールを決め、これが決勝点となりました。見事な逆転劇を見せた草津東が2対1で綾羽を破り、2年連続10回目の優勝を決めました。優勝した草津東は、来月30日に開幕する全国大会に滋賀県代表として出場します。

陸自砲弾落下事故 原因究明求める

2018年11月16日(金)│カテゴリ : 社会

高島市にある陸上自衛隊の演習場から発射された砲弾が、国道近くに落下した問題で、高島市の福井市長は、16日、陸上自衛隊に徹底した原因究明と安全対策を求めました。この事故は14日、高島市にある陸上自衛隊・饗庭野演習場から発射された砲弾が、国道付近に落下し、道路のアスファルト片などで民間の車のガラスが割れるなどの被害が出たものです。高島市の福井正明市長は、16日の午後、演習場を管理する今津駐屯地を訪れ、水谷清隆司令に、徹底した原因究明と再発防止の具体的な安全対策を講じるよう求める申し入れ書を手渡し、安全管理の不十分さや市への情報提供の遅さなどを抗議しました。福井市長は、すでに、防衛省に口頭で、饗庭野演習場での実弾を使用した訓練の中止を求めていて、防衛省は、当面の中止を了承しています。またこの問題について、三日月知事が高島市役所を訪れ、福井正明市長と、情報共有や今後の対応などについて協議しました。なお、高島市と陸上自衛隊は、17日、周辺自治会長への説明会を開くことにしています。

<< トップページに戻る

BBC NEWS 写真求む!

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!