山本周五郎時代劇 武士の魂

2018年06月13日(水) 12時00分〜12時55分

第五話「山茶花帖」

番組内容

料亭「桃井」の下働き・八重(山下リオ)は、女将のとく(秋本奈緒美)に言われ、急遽、芸者として座敷に出ることになる。勘定奉行・井村宗千賀(古川悦史)をはじめ、部下の田口丈之助(奥村秀人)らが盛り上がる中、八重は一人料理に手を付けない侍・結城新一郎(竹財輝之助)に目を留める。
番組内容
結城の振る舞いは、井村の検分によって百姓たちが困窮している現状を暗に非難したものだったため、その生意気な態度に井村は激怒するが、八重の機転で何とかその場は収まる。翌日、お礼に訪れた新一郎に、八重は貧しさ故に父親を亡くした過去と山茶花にまつわる悲しい思い出を告白する。一方、新一郎も藩の改革を志していることを伝え、2人は思い合う仲となる。
番組内容
そんな中、新一郎は帳簿から井村の不正を発見。殿に直訴し、藩の改革を実行しようとするが、叔父の桑島儀兵衛(相島一之)から時を待つように説得されてしまう。その矢先、八重は結城の子を身籠り…。

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!