所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!

2018年04月15日(日) 12時00分〜12時55分

街道一のお宝を探せ 甲州街道▽2020年次は東京だ!金メダル職人▽結構がんばってちょっとだけスゴイことができるようになった人

番組内容

▽街道一のお宝を探せ 甲州街道 リポーター:ハマカーン
江戸から各地を結ぶために整備した街道、そんな街道沿いには凄いお宝が眠っているはず。これまで甲州街道をお宝を探して進んできたハマカーンは山梨県の勝沼宿に到着。ここで聞き込みをすると萩原家16代目の当主の家には蔵が2つあるという。お邪魔すると、クレー射撃が得意なご主人が!そしてそんなご主人が射止めた動物のはく製が!

番組内容
続いて韮崎宿へ。地元で聞き込みをして訪ねてみた大きな家は150年続く農家。一番のお宝をみせてもらうと和室に大きなものが。なんとひいおばあさんが江戸時代の嫁入りのときに乗ってきた輿(こし)!
番組内容
そして長野県に入り最後の宿場町・下諏訪宿へ。本陣となっていた大きな家屋を訪ねてみると、28代目のご主人がお出迎え。武田信玄の時代から続くという。京風数寄屋造りの部屋に、金屏風、江戸時代の温度計など貴重なお宝が続々。そして当主が特別に見せてくれたのは武田信玄直筆の400年以上前のお宝だった!!
番組内容
▽2020年次は東京だ!金メダル職人
アスリートを支え、ともに五輪をめざす職人に密着。金メダルを影から支える職人技に迫る。
・工場内で豪快にハンマーを鉄の棒に振り下ろす職人。「シャフトの振れをとっている」という。ハンマーひとつで鉄の棒を真っ直ぐにする。ウエサカの作るバーベルはシャフトが真っ直ぐ。0.1グラムの誤差もない正確さで過去の五輪でも採用されてきた製品。

番組内容
・福井県越前市の工場で作られていたのはオリンピック選手が使うもの、原材料は固い木材。その木目や音を見極めながら削って出来上がったのは…。ZETTは侍ジャパン候補選手のバットを製造している。選手の要望に応じて0.1ミリを調整しながら削る職人技だった。
番組内容
・埼玉県所沢市で日本人なじみの競技で使う道具を作る職人技。大きさは自由なのだという。こちらも材料は木材だが、スライスし、カットし、重ねあわせていく。あの卓球水谷も愛用している!
番組内容
▽結構がんばってちょっとだけスゴイことができるようになった人
・中学1年生の男の子は逆立ちを練習した結果究極のバランス感覚を身に着けたという。見た人からは「しゃちほこみたい」と言われるそう。

・ちょっとだけ頑張ってギネス世界記録に認定された男性も登場。体感・バランス力…子供達がよく遊ぶ道具を使い、その様子は「台風みたい」と言われるという。重さ20キロ!超危ない!その威力にスタジオも騒然!

番組内容
・79歳の男性、30代の頃からヨガを始め、感情・感覚をコントロールできるようになったという。スタジオにはこの男性の言うことを証明するため、洗濯バサミ30個が登場!一体何をする…?
出演者
【司会】
所ジョージ、繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)
【コメンテーター】清水ミチコ、東貴博、アンジャッシュ(児嶋一哉・渡部建)
【ゲスト】竹野内豊、泉里香

BBC NEWS 写真求む!

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!