• home
  • ニュース詳細

天気予報

交通取締り情報

ニュース
2018年07月11日(水)の記事

日野町事件 再審開始を決定

34年前に起きた強盗殺人事件、いわゆる日野町事件について、大津地裁は、元受刑者の遺族が申し立てた裁判やり直し「再審」の開始請求を認める決定をしました。日野町事件とは、1984年、酒店を経営していた女性(当時69)が殺害され、金庫が奪われた事件です。この事件をめぐり、強盗殺人の疑いで逮捕された阪原弘元受刑者は、裁判で無実を訴えながら、2000年に無期懲役刑が確定していました。元受刑者の死亡後に遺族が起こした第2次再審請求審で、大津地裁の今井輝幸裁判長は、元受刑者が自白した殺害方法は遺体の「損傷状況と整合しない」と指摘。さらに取り調べの中で警察官から暴行を受けたことなどから「自白は任意にされたものではない合理的疑いがある」としました。そして一審判決、二審判決ともに「おおいに疑わしくなった」として元受刑者を「有罪と認定するには合理的疑いが生じた」とし、裁判のやり直しを認める決定をしました。戦後に発生し、死刑や無期懲役が確定した重大事件で、遺族による再審請求が認められるのは異例だということです。この決定について大津地検は、「検察官の主張が受け入れられず誠に遺憾である。決定の内容を十分に検討し、適切に対応したい」とコメントしました。一方、滋賀県警は「コメントを出す立場ではない」としています。

<< 最新ニュース一覧

<< トップページに戻る

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!